« 測量の日 2011 | トップページ | 第1回石灰岩地域シンポジウムin沖大 »

フシギなフシギな海浜石

おきなわ石の会7月例会

久しぶりの野外観察は,やっぱり石の会の定例会。

今回は,3月の大震災に伴う津波警報のため延期されていた,ビーチロックの観察会です。4ヶ月経って,梅雨も明け,夏本番の陽射しは,刺すように強烈でした。

現地は,見事なビーチロックが広がっていたようですが,残念ながら,リゾート建設に伴い一部が破壊されてしまっています。詳細はおきなわ石の会ブログのこちらのエントリを参照してください。

ビーチロックを崩して成り立ちを考える

観察会では,ビーチロックの一部を崩して,その成り立ちを考えたり,取り込まれている異地性の礫について,その由来を考えたり,参加者同士で意見を出し合って,たのしく進めることができました。

で,わたしの興味は,当地の生物相。ミナミチゴガニに出会えるかと思っていたのですが,まったく見られませんでした。ホシムシ類の開けた穴も見つけられず,そのことが原因かとも思えるのですが,この日は歩いた範囲も狭いので,確たることはわかりません。アプローチしやすいフィールドなので,機会を見つけて再訪したいものです。

おまけ,ビーチロックに見られるマイクロアトールを取り囲む参加者たち。直径はおよそ5m。巨大です。

巨大なマイクロアトールを囲んで

2011/07/16 読谷村都屋

|

« 測量の日 2011 | トップページ | 第1回石灰岩地域シンポジウムin沖大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フシギなフシギな海浜石:

« 測量の日 2011 | トップページ | 第1回石灰岩地域シンポジウムin沖大 »